神戸の弁護士を探すなら

難航

良い弁護士とは
交通事故に遭ってしまった場合に、その示談交渉は
非常に難航することも多いものです。

特に怪我をして長期入院になった場合などは
その治療費や慰謝料を巡って、交渉がなかなか進まないと
言ったことも少なく有りません。

早めに

一般的に交通事故の場合、加害者側は保険会社を
代理人として交渉に臨んでくることが多いのですが、
保険会社はできるだけ保険料の支払いを少なくするノウハウが有り、
また独自の慰謝料の支払い基準を持っていることから
なかなか被害者の要求を聞いてくれないことが多いのです。

そのようなときには弁護士を代理人としてたてて交渉するのが
最もよい方法です。

暗くなる前に

弁護士が代理人となった場合、保険会社に対して代理人として
選任されたことを宣言するとともに、
弁護士基準の条件で請求することを宣言します。

この基準は法律での判決を元に作られている物で
あることから、交渉が決裂した場合には
裁判所に訴え法廷で決着させるという宣言にもなるので、
万が一交渉が決裂した場合法廷では
弁護士の言い分が通る確率が高くなることから、
多くの場合こちらの要求通りの結果が
得られることになるからです。