神戸の弁護士を探すなら

安否の確認

良い弁護士とは
物損人身問わずに、交通事故というのは状況によっては
避けたくても避けられないことがあります。

実際に交通事故が起こったときには、お互いの予定に関係なく
早急に安否の確認を兼ねて警察に電話することが良いです。

時間

ただお互いの無事を確認できた場合、その物損や
人身の頻度がほぼない状態であれば、大抵はお互いの
交渉によって示談することが多いです。

しかし実際にこのような形にすると後々問題になることが
あるので、しっかりと弁護士に解決手段を委ねることも
視野に入れておいた方がいいです。

それはその時には無事であっても、事故を起こしてから
時間がたつと体に異常をきたすことも多いためです。
ただ時間がたてば時間がたつほど記憶というのは曖昧になり、
本来聞かなければならない相手の情報がないため、
医療費など泣き寝入りすることも多いのです。

帰りたい

そこで弁護士に解決手段を委ねることによって、
これらの後々に起きる被害者と加害者の不利益を
なくすうえでもメリットの方が大きいです。