神戸の弁護士を探すなら

強く言えない

良い弁護士とは

危なくなる

示談とは、交通事故の治療費や慰謝料についての
話し合いを、裁判ではなく当事者間の話し合いで
つけるもので、一度示談が成立すると、後は
むし返さないことになっています。

そのために、裁判費用はかかりませんが、
慎重かつ効率的な話し合いが望ましいのですが、
たいていはプロの保険会社と素人の被害者の場合には
素人である被害者が不利です。

その理由は、こちらが知識がないために、相手に強く言うことが
できない上に、相手側の保険会社もできるだけ賠償金額を
安く抑えたいからです。

できる限り

このような時は、交通事故専門の弁護士を活用すると良いです。
そのための活用方法ですが、二つ有ります。

一つは、法律相談という形で、知識やアドバイスを受ける方法です。
しかし、相手方と交渉をするのは自分です。

もう一つは、示談交渉そのものを、代理人という形で
弁護士に依頼して、全て任せてしまう方法です。
弁護士が代わりにすべて本人の意思に沿うように
やってくれますので、とてもスムーズに進みます。

一番手間がなく、かつ、相手から受け取る金額も大きくなりやすい方法です。