神戸の弁護士を探すなら

HOME  交通事故 弁護士

良い弁護士とは 交通事故の被害に遭った場合には
後遺症が残ってしまう場合があります。

後遺症とは怪我の治療を行ったとしても、
完全には完治せずに痛みや痺れなどが
残ってしまう状態です。

かけがえのない

後遺症には目に見えやすい後遺症と
見えにくい後遺症があります。

目に見えやすい後遺症とは、傷跡が残ったり
身体の部位の動かせる範囲が制限されてしまったりすることで、
客観的に見て判断することが出来ます。

その為後遺障害等級の認定がしやすいです。

逆に目に見えにくい後遺症とはむちうちなどの症状です。
むちうちは頚部捻挫や外傷性頚部症候群などのことで
交通事故による怪我では比較的多いです。

客観的に判断出来ないですが、後遺障害として
認定されることは可能です。
保険会社はむちうちを比較的軽い症状と捉えがちですので、
しっかりとサポートしてもらえる弁護士を
依頼することが必要です。

時間も大切

早期に治療費の補償を打ち切られたり、後遺障害の認定を
してもらえなかったりするケースもありますので、交通事故の
紛争解決に長けた弁護士に依頼することが大切です。

単に弁護士基準で交渉が成立したとしても、示談金は
それほど増額しません。

後遺障害等級が認定されるかが大きな違いとなります。