神戸の弁護士を探すなら

損害賠償請求

良い弁護士とは
交通事故の被害者は、心身や持ち物、所得の上で被った
損害を金銭的に計算して加害者に請求することができます。

これが損害賠償請求です。

損害賠償請求では、治療費や減ってしまった収入、
物損分などに加えて精神的に受けた苦痛に対する賠償として
慰謝料も請求することができます。

入れないように

慰謝料については、後遺症が残ってしまったケースでは
その障害の分も加算して請求することができます。

後遺症の慰謝料は、後遺障害として認定された等級の
数字により請求できる金額が違ってきます。

癒されるのは

交通事故問題に強い弁護士の先生はこの後遺症の
認定等級の再申請や異議申し立てが得意で、
被害者の方が正当な金額の賠償金を
受け取れるように尽力してくれます。

交通事故で被害者になってしまうと示談交渉が
うまく進まなくなったり、決裂して滞ってしまった時点で
弁護士事務所に相談に訪れる方が多いのですが、
事故から時間が経たないうちに早めに相談しておけば、
遺障害として症状が固定する前から認定等級の
申請に関連するアドバイスもしてもらえて
より有利な示談交渉の準備ができて安心です。