神戸の弁護士を探すなら

サポート

良い弁護士とは
交通事故の損害賠償請求額は、当事者双方が
示談交渉で話し合って決めます。

ここで、当事者双方と言っても加害者は任意保険の
示談代行サービスを利用するので、保険会社対被害者の
交渉となるのが一般的です。

保険会社は、賠償金額を低く抑えるために
安い賠償額を提示してくるのが普通です。


速く

この時、被害者に相応の知識がないと示された金額が
適切かどうかを見極めて、正当な金額で交渉するのは
難しいと言えます。

被害者になってしまったら、交通事故相談を専門に
取り扱う弁護士事務所に味方になってもらうのが
一番の対処法です。

弁護士は、被害者が正当な金額を
損害賠償請求できるようサポートしてくれます。

例えば慰謝料であれば相手からは安い自賠責基準で
計算した額が示されますが、弁護士が交渉にあたれば
一番高額で算出される裁判基準の慰謝料を計算して
被害者にとって有利な交渉をしてくれるはずです。

残業中

被害者が交通事故専門の弁護士に相談することの
重要性は、加害者側が示す賠償金額が
大幅にアップするところにあります。