神戸の弁護士を探すなら

 

アドバイス

良い弁護士とは

見たい

交通事故の被害者は、被った諸々の損害分の金銭を
相手方に請求することができます。

これを損害賠償請求といい、法律で認められている権利です。
賠償請求できる項目は、治療費や車いすなどの代金、
仕事を休んだ補償、慰謝料、後遺障害が残ってしまった
ケースでは、その分の賠償と多岐にわたり複雑です。

損害賠償請求額がいくらになるかは、交通事故の当事者同士の
話し合いである示談交渉で決定しますが、通常では
加害者は任意保険についている示談交渉代行サービスを
使いますから、実際には加害者サイドの保険会社対被害者の
話し合いとなります。

ここで、被害者に相当の知識がないと、相手の保険会社の
ペースで示談が進められて、損害賠償の請求額も
安く提示されてしまいます。

そこで、交通事故の被害者になってしまったら、
早めに交通事故相談が得意な弁護士の先生に
相談をして味方になってもらうのが得策です。

保険会社対弁護士の先生の話し合いとなれば、
先方が安く計算して提示する賠償額を
弁護士の先生が正当な金額に修正して交渉を
進めてくれますから、いろいろな点で損をせずにすみます。

車に乗せて